ダイエット中のプロテインは太る?びっくりする前に知りたいこと

ダイエット中のプロテインは太る?びっくりする前に知りたいこと

手軽にコンビニや薬局で買えるようになってきたプロテイン

ダイエット用のプロテインも販売されてていますし、利用する方も増えてきています。

最近のプロテインは味も美味しいので、ダイエット中でもジュース感覚で飲めますよね。

美味しいのは良いけど、太ってしまう事がないか心配です・・・。

そんなプロテインですが、ダイエット中に飲んでも太る事はないのでしょうか?

こちらのページではプロテインとダイエットの関係について解説していきます。

ダイエット中のプロテインは太る?

結論としては、プロテインの飲み方や種類によっては太る可能性もあります。

理由としてはプロテインにもカロリーがあるからです。

たまにプロテインを飲むだけで痩せるといったアプローチの商品も見かけます。

また、プロテインを飲むだけで痩せるといった考えを持っている方もいるようですが、それは違います。

単純に運動や食生活を一切変えずにプロテインを飲むと、余剰にカロリー摂取をしてしまう事になります。

プロテインの種類

実はプロテインと一言に行ってもいろいろな種類のものがあります。

 

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

 

ホエイプロテイン

プロテイン製品の中でも利用者がとても多く、商品数も多いのがホエイプロテインです。

ホエイプロテインは牛乳を原材料としたプロテインです。

タンパク質以外にも筋肉の成長に欠かせないアミノ酸をたっぷり含んでいるので、筋トレや運動をする方が利用しています。

製品によってカロリーは異なりますが、一杯あたり100~200kcalです。

 

食事管理のダイエットで利用していけるプロテインはないか調べたところ、カフェテインというを見つけました。

がっつり運動!という方でなくても低カロリーなので手軽に飲める商品です。

参考サイト:カフェテインってどんな効果がある?口コミや成分を徹底調査

 

カゼインプロテイン

カゼインプロテインは牛乳から脂肪とホエイを取り除いたプロテインです。

ホエイプロテインと異なり、体への吸収が遅いという特徴があります。

吸収スピードが遅い事を利用して、飲み方を工夫している方が多いプロテインです

 

  • 睡眠中のタンパク質不足を回避するために寝る前に飲む
  • 満腹感を維持するために間食に飲む

置き換えダイエットなどにも使われることがあるプロテインですね。

カロリーは同じ牛乳を使っているホエイプロテインとさほど変わりません。

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆由来のプロテインです。

牛乳を使ったホエイやカゼインプロテインとは原材料が違い、低カロリーなのが特徴です。

食事管理のみでダイエットを行っている方、女性の方に人気です。

まとめ

プロテインにはいくつか種類があり、目的によって使い分けた方が良いことが分かりました。

 

運動で筋肉を付けながら痩せたい方・・・ホエイプロテイン

置き換えダイエットや食事管理で利用・・・ソイプロテイン

カロリーも種類によって違うので、知らずに飲むとかえって太ってしまう可能性もあります。

どのようにダイエットに取組んでいくのかを考え、自分に合ったプロテインを利用していきましょう。