ダイエットで結果を出すためのスクワット方法l意識したい注意点

ダイエットで結果を出すためのスクワット方法l意識したい注意点

ダイエットに取組む方が行う筋トレとして人気のスクワット。

引き締め効果や高いカロリー消費が見込めるトレーニングです。

こちらのページでは、そんなスクワットの方法を解説していきます。

取組む際の参考にしてみて下さい。

ダイエット中のスクワット効果

スクワットはジム以外でも手軽に取り組め、様々な効果があります。

ダイエットとの相性も抜群なので多くの方が行っています。

スクワットの特徴はは以下のようなものがあります。

 

  • 大きな筋肉を動かすので効率よくカロリー消費ができる
  • 脚やお尻を鍛えられるので、下半身の引き締めができる
  • 下半身を鍛える事で、基礎代謝を上げる事ができる

「スクワットをすると足が太くなる」と心配する方もいますが、そう簡単に太くなりません。

カロリー消費ができたり、なにもしなくても消費する基礎代謝を上げたりする効果が期待できるので、積極的に取り組んでいきましょう。

正しいスクワット方法

スクワットの正しいフォームは動画で確認する事ができます。

スクワットでお尻に効かせるコツは、しゃがむ際にお尻から椅子に腰かけるようなイメージをする事です。

また、しゃがむ際にしっかり息を吸って体がグラグラしないようにしましょう。

12~20回を3セット行うと効果的です。

スクワットをする際の3つの注意点

スクワットはフォームによっては膝や腰に負担がかかってしまい、痛めてしまう可能性があります。

膝や腰を痛めないポイントは以下の通りです。

 

  1. つま先と同じ方向に膝を曲げる
  2. 膝がつま先より前に出ないようにする
  3. 反り腰にならないようにする

 

順番に詳細を見ていきましょう。

しっかりお尻からしゃがむイメージでスクワットを行う事で、膝に負担がかかりにくくなります。

反り腰にならないように、顎を少し引いて視線はやや斜め下を見るようにしましょう。

まとめ

スクワットはダイエットとの相性もとてもよく、継続する事で綺麗な体作りをしていく事ができます。

無理のない範囲で取り組んでいきましょう。