縄跳びのダイエット効果ってどうなの?意外と知らない大切なこと

縄跳びのダイエット効果ってどうなの?意外と知らない大切なこと

子供の頃、学校や遊びで行っていた縄跳び。

いろいろな技もあって楽しく体を動かせますよね。

そんな縄跳びですが、大人の方からはダイエットに活用する方が増えています。

縄跳びのグッズもエクササイズ用のものが多く、効率よくカロリーを消費する事ができます。

こちらのページでは縄跳びのダイエット効果について解説していきます。

縄跳びのダイエット効果

縄跳びってすぐに息が上がるしなかなかダイエット効果も高そうなイメージですよね。

実際にどのぐらいカロリー消費するか調査したところ【10分間飛んだ場合は60Kcal】ぐらいの消費量だという事が分かりました。

(※50kgの成人女性が飛んだ場合)

また、縄跳びは全身運動なので、足だけではなく体を支える体幹部や腹筋等にもアプローチする事ができます。

息も上がるので心肺機能の向上も期待できます。

心肺機能が向上すると、より高強度のトレーニングができたり、生活のちょっとした運動も楽になっていきます。

ダイエットに効く縄跳び方法

次にダイエットに効く縄跳びメニューをご紹介します。

大きく分けて2パターンあります。

 

  1. 短い時間で回数をこなす
  2. 10分~20分飛び続ける

 

短い時間で回数をこなす

1分間でできるだけ多くの回数をこなせるように飛んでいきます。

【目安:60回程度】

1分飛び終わったら30秒休憩し、また1分間飛びます。

これを3セット繰り返します。

慣れてきたら1回あたりの飛ぶ時間を2分~3分と伸ばしていきましょう。

10分~20分程度飛び続ける

無理のないスピードでリラックスして飛び続ける方法です。

この方法は多くのセット数をこなす必要はありません。

縄跳びダイエットの注意点

縄跳びをする前には足首をグルグル回したり軽くジャンプするなど、体をほぐしてから行いましょう。

また、クッション性のあるシューズを履くとジャンプの衝撃も緩和されます。

膝への負担を考えると、コンクリートのうえよりは土の上で行った方が良いでしょう。

また動きが単調なので飽きやすいという特性もあります。

好きな音楽を聴いたりして、楽しく続けられる工夫をしましょう。

まとめ

調査の結果、縄跳びはダイエットに生かしていきやすい運動だという事が分かりました。

手軽に取り組める反面、なかなかやる気が起きなかったりすることも考えられます。

取組みやすい時間帯を決めたり、優しい強度から始めるなどの工夫をしながら継続していきましょう。