ダイエットに停滞期はある?折れる前に知りたい事

ダイエットに停滞期はある?折れる前に知りたい事

〇〇日までに目標体重まで落としたい!と思った時に気になるのが痩せるスピードです。

順調に痩せていければ苦労しないしいいですよね。

でも体重が落ちなくなってしまう停滞期もあるって聞くし、どうなのか気になります。

こちらのページではそんなダイエット停滞期について解説していきます。

ダイエットに停滞期はある?

ダイエットを続けていると停滞期は多くの方が感じます。

これは体が環境に慣れてしまったり、危険を感じて防衛反応が起こるためです。

具体的に詳しい原因や打開方法を見ていきましょう。

ダイエットで停滞期が起こる原因

人間にはホメオスタシス(恒常性)というシステムが生命維持のために働いています。

簡単に言うと、大きな変化を抑制する機能ですね。

このホメオスタシスがダイエット中には働き、停滞期が起こってしまいます。

食事管理をしたりしながらマイナスカロリーで毎日過ごしていると、体がこのままでは危ないと判断します。

そうなるとダイエット中の食事に体が適応し、体重が停滞してしまいます。

ダイエットの停滞期を乗り越えるには

停滞的が起こってしまった場合はいろいろは打開策があります。

効果には個人差がありますが、いくつか方法をご紹介します。

そのまま継続する

今まで落ちていた体重が数日間変化しないという場合でも、そのままマイナスカロリーな生活を続けていると、再び痩せていく事が多いです。

体重は水分量などでも変わってくるので、体重だけで判断するのではなく、鏡を見たりして見た目に変化が出ているか確認もするようにしましょう。

食事を見直す

同じ食事を繰り返していると体が慣れてしまいます。

炭水化物源やたんぱく源となっている食事を別の食品に変えたりすると、体重が再び落ち始めるという事もあります。

体が今の生活に慣れさせないようにするのがポイントです。

チートデーを取り入れる

マイナスカロリーな状態が続くと、生命維持のために基礎代謝を落として省エネモードになる事があります。

※基礎代謝=なにもしなくても生命維持のために消費するカロリー

以下のような変化があった場合は代謝が落ちている可能性があります。

 

  • 毎日倦怠感が出るようになった
  • 体温が下がった(寒気を感じる)

こういった時は、1日たくさん食べる日(チートデー)を設けて、代謝を戻すという方法があります。

あくまで暴飲暴食をするのではなく、いつもより食べる程度にすると大幅な体重アップも避ける事ができます。

上手くいけば体重が少し増えても数日かけて停滞期を乗り越える事ができます。

 

まとめ

ダイエットをするうえで停滞期はあると考えておいた方がうまくいきやすいです。

大切なのは体重の数字にこだわり過ぎず、ゆったり取り組んでいく事です。

停滞期を感じた時は上記のようにいろいろと方法がありますので、合った方法で乗り越えていきましょう。