そばってダイエットにいいの?知られていないポイントとは

そばってダイエットにいいの?知られていないポイントとは

ダイエットでは日常的に食べてるものを見直したりする必要があります。

炭水化物源としてよく食べる白米やパスタ、パンなどもダイエット中だと気を使いますよね。

そんな炭水化物源の一つとしてそばがあります。

パスタやうどんといった麺類と比べてみても、なんだかヘルシーなイメージがあります。

そばはダイエットに良い食べ物なのでしょうか?

気になったので調査してみました。

ダイエットにそばは良い食べ物?

調査の結果、そばはダイエットに向いた炭水化物だということが分かりました。

理由ですが、低GI値の食べ物であることが挙げられます。

さっそく細かい栄養素や特徴を見ていきましょう。

そばのカロリー

そばのカロリーは茹で上がり時で100gあたり114kcalです。

その他の炭水化物とカロリーを比較して見ましょう。

 

  • ごはん・・・168kcal/100gあたり
  • パスタ・・・149kal/100gあたり
  • うどん・・・105kal/100gあたり

 

ごはんやパスタよりは低カロリーですが、カロリーだけ見るとうどんの方が低カロリーですよね。

そばは比較的低カロリーということが判明しましたが、そのほかに大きな違いがありました。

そばは低GI

そばよりもうどんの方が低カロリーなので、単純にダイエット中にうどんを食べていればカロリーを抑える事ができます。

しかし、炭水化物で考えておかないといけないのはGI値です。

GI値=糖質の吸収度合いを数値化したもので、GI値が70以上で高GIとなります

高GI値の炭水化物は吸収スピードが早いのが特徴で、吸収された栄養が消費しきれずに脂肪に変わりやすいといわれています。

すぐに吸収されるので満腹感は得やすいですが、すぐにお腹が空いてしまいます。

一方低GIの炭水化物はゆっくり吸収されるので、効率よくエネルギーを使うことができ、脂肪に変わりにくいです。

満腹感も高GIの炭水化物と比較して持続しやすい特徴があります。

ダイエット中は空腹感をいかに感じないようにするかが成功するかどうかのポイントです。

低GIのそばを食べる事で空腹感を感じにくくする事ができ、ダイエットも継続しやすくなります。

まとめ

調査の結果、ダイエット中の炭水化物源は単純にカロリーだけで見るのではなくGI値が大切だという事が分かりました。

そばは低GIでダイエットを行っている多くの方が食べている食品です。

注意点として、揚げ物などのトッピングをするとカロリー過多になって意味がなくなります。

ダイエット中のそばのトッピングは、ねぎや薬味などででする程度にしましょう。