ダイエット中にパスタを食べても良い?調べて分かった意外なこと

ダイエット中にパスタを食べても良い?調べて分かった意外なこと

街を歩いているとパスタ屋さんを多く見かけますよね。

ダイエット中でも、食べられるのなら美味しいものを食べながら続けたいと感じます。

炭水化物としてパスタってダイエットに良いのでしょうか?

このページではパスタをダイエット中に食べても良いのか調べてみました。

ダイエット中にパスタは食べても良い?

結論からお伝えすると、パスタはダイエットに適した炭水化物源です。

パスタの特徴は以下のようなものがあります。

 

  • 低GI値
  • 低カロリー

 

パスタは低GI値

GI値が低いという事は、簡単に言うと「血糖値の上昇が穏やか」ということです。

逆にGI値が高いと血糖値が急激に上昇し、抑えるためにインスリンが多く分泌されます。

こうなると脂肪として体に過剰な栄養を蓄えるという働きになってしまい、太る原因となります。

パスタは低GIなのでゆっくり吸収され、空腹感も感じにくいです。

脂肪に変わりにくい食品としては優秀だと言えます。

パスタは低カロリー

パスタそのもののカロリーは、意外にも白米と比較して低カロリーです。

茹でたパスタのカロリーは、なんと白米の半分です。

そのうえで体作りには欠かせないタンパク質も白米よりも多く含まれれています。

カルシウムや鉄分、ビタミンなどの栄養素もたっぷり含まれています。

ダイエット中は栄養素が足りなくなってしまう危険もあるので、こういった側面からも適している食べ物だといえます。

ダイエット中にパスタを食べるポイント

パスタ自体は栄養素が高く、脂肪になりにくいので適している事が分かりました。

しかし、パスタを食べる際には注意したいポイントがあります。

早速詳細を見ていきましょう。

パスタソースに注意

パスタ自体はダイエットに適していても、食べ方が大切です。

特にソースや一緒に使われている食材によっては脂質が多く含まれ、高カロリーになりがちです。

本格的にパスタをダイエットに取り入れれたい場合、現実的には外食は厳しいかもしれません。

(量をかなり少なくするなどの工夫をすれば可能かもしれません)

クリーム系のパスタはカロリーが高いものが多いです。

逆に和風パスタなどは割と低カロリーなものが多いです。

脂質量がどの程度含まれているのか、食材やソースについて考える事がパスタを食べる際のコツといえそうですね。

まとめ

パスタそのものはダイエットに適している事が分かりました。

しかし、現実的に考えると普通に食べるという方法だと、カロリーを多く摂取してしまう可能性があります。

ノンオイルのドレッシングをかけたり、ふりかけをかけて食べるなどの工夫をしながらダイエットに取り入れていきましょう。