ダイエットはどれぐらい糖質を取っていいの?挫折する前に知りたい事

ダイエットはどれぐらい糖質を取っていいの?挫折する前に知りたい事

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、糖質制限ダイエットといった方法が有名ですよね。

ただ糖質を完全にカットするの中々大変だと感じてしまいます。

このページではダイエットをする上で押さえておきたい糖質量について解説していきます。

取組む際の参考にしてみて下さい。

ダイエット時に考えたい糖質量

ダイエットで一番大切なのは摂取カロリー<消費カロリーのバランスで毎日を過ごすという事です。

そうする事で、効率よくカロリーを削ることができ、痩せる事ができます。

ダイエット方法によってどんな栄養素を積極的に取っていくべきなのかが変わってきます。

早速詳細を見てきましょう。

糖質制限ダイエットの場合

糖質制限ダイエットとは、文字通り糖質をカットするダイエット方法です。

私たちは日常生活でのエネルギー源として、糖質を利用しています。

この糖質をカットして、脂質を多く取ることでエネルギー源を脂質に切り替える事ができます。

この糖質制限は短期間でも大きなダイエット効果を得られる事から、大手のパーソナルジムなどでも推奨されているダイエット方法です。

しかし、エネルギー源が脂質に変わるには極限まで糖質をカットしなければいけません。

ごはんやパスタ、パンといった炭水化物だけではなく、野菜やドレッシングなどの調味料に含まれる微量な糖質もカットする必要があります。

また、脂質を多く含むお肉や魚を食べたり、場合によってはMCTオイルといった良質な脂質を多く取り続ける必要があるので、初心者には難しいダイエット方法といえます。

経験の少ない初心者の方は、次にご紹介するローファットダイエットがおすすめです。

ローファットダイエットの場合

ローファットダイエットとは文字通り脂質を制限するダイエットになります。

糖質制限ダイエットと異なり、ローファットダイエットでは糖質を摂る事ができます。

つまり、ごはんやパスタといった食材も食べれるということですね。

その代わり、カルビなどの油を含むお肉や揚げ物、ジャンクフードは食べられません。

三大栄養素のうち脂質は一番カロリーが高いので、摂取カロリー自体を抑える事ができます。

ただし、糖質は摂れるからといってご飯やパスタを大盛で食べたりすることは避けましょう。

一日あたりの摂取カロリーを抑える事が大切です。

まとめ

糖質制限ではほとんどの糖質をカットしなければいけない代わりに、脂の乗ったお肉なども食べる事ができます。

ローファットでは糖質は多少食べられるものの、脂を含む食品が食べられません。

日本人はお米を主食とした文化なので、糖質をカットするのは辛いという方が多いと言われています。

糖質を食べるダイエットか、完全にカットするダイエットか自分に合った方法で取り組んでいきましょう。